ヘルペスの歯科治療

ヘルペスの歯科治療について

歯科医院で治療できるヘルペス

単純ヘルペスに感染することで発症するものの一つヘルペス口内炎は歯科医院で診てもらえる症状の一つです。感染はもともとウィルスを持っている人が使用したタオルや食器から感染します。感染から発症までは潜伏期間があり、早ければ3日ほど長い場合で2週間弱の期間を経て口の中が痛くなり歯茎が腫れたり、熱が出たりします。この他にもリンパがはれることもあります。小さな水ぶくれができて、それが破れると潰瘍になります。日本人では感染者が非常に多く60歳以上になると大半の方が感染していると言われています。普段から清潔なタオルや食器を使うことが身近で手軽にできる防御策となり、症状が出た場合は早めに歯科医院で診察を受けましょう。

口内炎の場合歯科で薬をもらう

虫歯や、歯周病の治療などで歯科に通うこともあるでしょう。また、歯が痛かったりする場合には、痛みがある部分をできるだけ刺激しないように、食事の時に不自然な噛み方をしてしまうこともあります。そうすることで、口の中を歯でかんでしまうこともあり、傷ができてしまうと、口内炎ができてしまうこともあります。虫歯の治療中で歯科に通っている場合、口の中に口内炎ができてしまったら、薬などを塗ってくれるため、比較的早く痛みなども軽減され、回復も早まるでしょう。歯が痛いからといって、変な噛み方をすると、口の中を傷つけることもあるため、注意が必要です。

↑PAGE TOP